電子タバコと通常のタバコ、どこが違うの?

電子タバコと通常のタバコ、どこが違うの?

電化製品かそうではないか

電子タバコ、その名の通り電気で動きます。とは言っても勝手に走り出すなんてことはありません。電気を使って行われるのは加熱作業、リキッドと呼ばれる液体状のものを温めてやることで出てきた煙を吸い込むのです。
通常のタバコと違って安全といった言葉は良く耳にするかもしれませんが、もしも熱せられている部分に触れたら火は付いていなくともやけどしてしまうのは同じです。自分好みにカスタマイズ出来るのも電子タバコの醍醐味、とは言え無茶な改造で漏電したりといったことも起こるかもしれません。

まずはスターターキットを手に入れて、説明書をよく読んでから使用することです。違った使い方は素人はしない方が無難、もちろん小さなお子さんの手に触れる場所に置くのも避けましょう。

ニコチンが入っていない、だから安全

電子タバコの方が安全性が高い、確かにその通りなのです。だって通常のタバコが危険なのはニコチンやタールといった身体に害を成す成分が入っているから、それを直接・あるいは煙を吸い込む形で間接的に体内に入れてしまうと肺がんの確率が上がったりするのです。
似た形状に見える電子タバコ、でも立ち昇る煙は水蒸気です。だからどれだけ吸い込んでも問題ありません。
ただし、何とニコチンが配合されたリキッドなるものもあるのです。ですから電子タバコの方が確実に安全とは言い切れません。危険なリキッドを使用しないためには、国産のものを使うようにしましょう。日本製リキッドにニコチンが入っていることはありません。

vapeのおすすめの理由として、リキッドのフレーバーのバラエティが豊富なことや、本体を含めた価格がリーズナブルなことがあります。