サングラスを効果的に使用するには!?サングラス選びは専門家にまかせよう

サングラスを効果的に使用するには!?サングラス選びは専門家にまかせよう

サングラスを選ぶときは眼科専門医に相談を

自分に合ったサングラスを見つけるのは簡単ではありません。例えばデザイン第一で選ぶという人は多いですが、デザインより重要なのは紫外線の抑制作用です。紫外線をカットできなければ、サングラスは単なる伊達メガネになってしまいます。サングラス選びで失敗しないためには、眼科専門医に相談するのがおすすめです。機能性を考慮しながら最適なものを選んでくれるでしょう。サングラスの色に関しては、濃いほど紫外線をカットできると考えている人が多いですが、実は色と紫外線の通過率には関連性がありません。サングラスの機能性を調べるためには、紫外線透過率が指標となります。例えば1.0%未満であれば、99%超の紫外線を抑制できます。

紫外線が目に与えるメリットはない

太陽の光を浴びるとビタミンDの生成が活発になり、骨が丈夫になるという話は有名です。一方で紫外線にはデメリットもあり、さまざまな皮膚疾患を誘発します。メリットとデメリットを比較すると、デメリットのほうが勝っているのが現実です。母子手帳から日光浴を勧める文言が消えたのも、デメリットの大きさが次第に露呈してきたからです。

しかも眼球に関しては紫外線を浴びることによるメリットがひとつもありません。だからこそサングラスを着用し、いかに眼球を保護するかが重要になります。眼球の機能を守ることは、人生の質を高めることでもあります。ものが見えにくくなると眼精疲労はもちろん、頭痛や肩こりの原因にもなるのです。こうしたトラブルを防ぐためにも、外出時にサングラスを着用する必要があります。

サングラスは、お洒落を目的としたものばかりでなく、花粉や紫外線による健康被害を防ぐために用いられるケースが増えています。